おすすめアイテム

フランス軍 M-47パンツとは?前期後期の違いやサイズ感をご紹介!

m-47サイズ表記

 

ミリタリーファッションが好きな方なら、誰もが一度は聞いたことのある「M-47」。

フランス軍で1947年から採用されたミリタリーパンツのことで、1960年代までは、実際に軍服として使われていました。M-47という名前は、採用年の1947年に由来しています。

現在では、そのデザイン高く評価され、若者から大人まで、幅広い世代から愛されるファッションアイテムとなっています。(マルジェラの話は今回は保留笑)

とはいえ、20年近く生産されていただけあって、生産時期やものによってデザインや色合いは様々。本当にお気に入りのM-47に出会うためには、しっかりと年代や違いを知っておくのがベストでしょう。

ということで今回は、M-47の前期後期の違いや、色合いの違い、サイズ感や洗濯に関する情報を一挙にご紹介します。これからM-47の購入を検討している方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

M-47パンツ前期・後期の違い

M-47には、1947年から1950年代までに生産された「前期」モデルと、1960年代に生産された「後期」モデルがあります。

名前だけでなく、デザインや細かいディティールも異なるので、まずは前期後期の違いを押さえておきましょう。

M-47の前期後期の主な違い4つ
  • シルエット
  • ウエストボタン
  • 生地
  • 色合い

前期が極太、後期が太めのシルエット

m-47シルエットhttps://www.twelve0492233757.com/staffblog/2016/07/vintage-1960s-french-military-m-47-cargo-pants.html

前期と後期を比較してみると、一番に目が行くのがシルエットの違い。どちらも、太めのストンと落ちたシルエットではあるものの、前期は極太、後期は太めという印象

前期の方がミリタリー感の強い感じがしますが、ここは好みでしょう。

ウエストボタンの数は前期が2個、後期が1個

ボタンの違いhttps://slow-and-steady.com/blog/m47-cargopants/

前期と後期で、ウエストボタンの数も異なります。縦に2つボタンが付いているのが前期、ボタンが1つなのが後期です。

また、ボタンの素材は、メタルボタンと樹脂ボタンの2種類。ただし、前期後期それぞれの細かいマイナーチェンジの中で変化したものなので、ボタンの素材だけで前期後期と見分けるのは難しそうです。

色合いは前期がオリーブ、後期がカーキが多い

m-47色合いhttps://item.rakuten.co.jp/yamamotojp/18052511/

前期は、黄色味の強い「オリーブ」、後期は、緑の強い「カーキ」を感じさせる色合いが特徴です。

ただし、色合いはものによって様々で、後期の初期(移行期)に生産されたものの中には、前期と似たような色のものがあったりするので、色合いだけで判断するのは難しいですね。

生地は前期が厚め、後期が薄め

前期モデルは、デニムと同じ「ツイル生地(綾織)」が採用されているため、分厚めなのが特徴です。ツイル生地は、丈夫で破けにくく、柔らかいので履き心地も◎。

反対に後期は、薄く柔らかい風合いの「ヘリンボーン生地(杉綾織)」を採用しています。ヘリンボーン特有の模様や風合いが楽しめるのも後期モデルならではです。

その他の細かい違い

前期高貴の主な違いを4つご紹介しましたが、他にも細かい違いはあるようで、前期はタグがステンシルで後期は布タグとか、あるらしいです。

追求していけば、本当に細かいデザイン(ポケット部分とか)の違いも出てくると思うので、キリがないですが、今回は前期後期を見分ける主な違いということで上記の4つに絞りました!

わかんねー!って方は、お店の人に聞くのが一番ですよ。

M-47のサイズ感は?サイズ表記はインチじゃない!

続いて、サイズ感はサイズ表記についてご紹介していきます。

サイズ感は大きめ!ロールアップや裾上げ必至

大前提として、軍パンはジャストサイズで探さない方が良いです。と言うか、ほぼほぼでかいサイズなので、大きめに履くことになります。

M-47も例外ではなくて、ほとんどが大きめのサイズなので、ベルトで絞って履くことになります。また、レングスもかなり長いので、ロールアップするか裾上げが必要になります。

ロールアップすると良い感じに足元にテーパードが効くので、現代っぽいシルエットになるのでおすすめですよ。

サイズ表記は左がレングス、右がウエスト

m-47サイズ表記https://www.twelve0492233757.com/staffblog/2016/07/vintage-1960s-french-military-m-47-cargo-pants.html

右と左の数字でサイズが割り振られ、左がレングス、右がウエストになります。結構誤解されがちなんですが、ウエストのサイズはインチ表記ではありません

「サイズ13と31だったら、13の方が小さいでしょ!」と思って買うと、真逆の結果に陥るので注意が必要です。

細かいサイズは以下の表から。ただし、個体差があるのであくまでも目安程度に。

サイズ ウエスト 股上 股下 ワタリ すそ幅
13 77cm 33cm 70cm 33cm 23cm
31 77cm 34cm 78cm 33cm 23cm
33 84cm 34cm 78cm 34cm 23cm
35 91cm 40cm 78cm 38cm 26cm

ちなみに、洗濯すると1サイズ小さくなるので、ウエスト1cm 股上1cm 股下4cm程度縮むことを押さえておきましょう。

M-47パンツは古着屋やオークションをチェック!

M-47パンツは、1947年から1960年代にかけて生産されたパンツで、現在は生産されていません。そのため在庫に限りがあり、特に前期モデルのデッドストック(新品未使用)は滅多にお目にかかれません。

2019年6月現在、M-47を入手する方法は以下の3つ。

  • 古着屋さんで入荷されるのを狙う
  • オークションやフリマアプリで探す
  • 楽天で探す

サイズや色合いにかなり個体差があるので、個人的には古着屋さんに実際に行って購入するのがおすすめです。どうしても安く買いたい時や、古着屋さんが近くにない人は、ネットでの購入も検討してみてくださいね。

ちなみに、楽天でも発売されているようですね。ただし、色合いや年代などが記載されていないものが多いので、本記事の見分け方を参考にしてみてください。

M-47パンツの値段は13,000円〜20,000円前後

値段はだいたい、13,000円〜20,000円あたり(2019年6月現在)でしょうか。ただし、前期のデッドストックや、人気のあるサイズ、状態の良いものなど、ものによって値段も上下するので一概には言えません。

また、最近ではM-47自体がとても人気なので、在庫が少なくなってきているようです。さらに、希少なパンツになってしまえば、値段が釣りがることも考えられますね。

M-47カーゴパンツのリメイクモデルも多数

ファションアイテムとして、人気を集めるM-47。数ある人気ブランドが放っておくはずもなく、M-47をモチーフにしたカーゴパンツが多数発売されています。

もちろん、これらは「偽物」というわけではないので、古着に抵抗があったり、値段が気になるかたは、そういったリメイクモデルを購入するのも1つの方法ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、フランス軍M-47パンツの前期後期の違いやサイズ感などをご紹介しました。

先述していますが、サイズ感や色合いは個体差があるので、できるだけ現物を見て購入するのがおすすめです。

ネットで購入するという方も、店舗で購入する方もぜひ本記事を参考に、お気に入りのM-47を探してみてくださいね!