おすすめアイテム

【レビュー】コールマンのウォーカー25とかいうリュックがコスパ最強すぎ

コールマン ウォーカー25

普段からパソコンや教科書、資料などを持ち歩くという方にとって、リュックは日々の生活に欠かせないアイテムですよね。とはいえ、毎日使うものだから、できるだけ安くて使いやすいものが理想という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、安くて使いやすい、しかもおしゃれなコールマンのリュックをご紹介します!

使用感なども、ご紹介しますので機能だけでなく使いやすさもチェックしてみてくださいね

コールマン ウォーカー25はこんな人におすすめ
  • 普段使い用のリュックが欲しい
  • コスパと機能性の良いリュックが欲しい
  • 防水リュックが欲しい
  • 彼女・彼氏とお揃いのリュックが欲しい
  • 服に合わせやすいリュックが欲しい
  • アウトドア用のリュックが欲しい

コールマン ウォーカー25

サイズ 約32(W)×45(H)×18(D)cm
重量 約600g
素材 ナイロン/ポリエステル
容量 25L
ポケット メインポケット・中ポケット・フロントポケット・サイドポケット2箇所・ステッキホルダー・ペン差し・キーホルダー
カラーバリエーション 6色

コールマン ウォーカー25の良いところ

まずは、使ってみて感じた良いところ6つ。

  • 最安値4,300円のコスパ
  • 大きすぎず小さすぎない大きさ
  • メインポケットとサブポケット2つ、ペン差しやキーホルダーなど収納力◎
  • 意外と便利なサイドポケット
  • 背中と肩ベルトの裏はメッシュ素材なので、汗をかきにくい
  • 撥水加工で雨対策もバッチリ。

こんな感じ。本当にいいリュックすこれは。それぞれ詳しく書いていきますね。

最安値4,300円のコスパ。定価でも6,300円

コールマンウォーカー25コールマン ウォーカー25の一番の魅力は何と言ってもコスパの良さ。

だいたいのリュックって1万円くらいしちゃうんですが、こちらのリュックは最安値4,300円。定価でも6,300円で購入できちゃいます。しかも、1万円するリュックと大差ない機能性だから驚き。

ちなみに、僕が調べた中だとAmazonが一番安く購入できるみたいです。

大きすぎず小さすぎない。13インチのパソコンもOK

コールマン ウォーカー25のサイズ感次に、サイズ感。身長182cmの筆者が背負うとこんな感じ。大きすぎず小さすぎずの25Lです。

ちなみに、メインのポケットには13インチのパソコンも収納可能です。

筆者はいつもパソコンと教科書、ファイルを入れていますが、まだまだ余裕があります。2泊3日分くらいは余裕で入りそう。季節の境目なんかは上着を入れたりすることもできて良さそうですね。

収納力◎普段使いやアウトドアシーンにも

収納は、メインのポケット1つ、中ポケット1つ、フロントポケット1つの計3つ。あとは、両サイドにメッシュのポケットが2箇所ついてます。

メインポケットにはパソコンや教科書などを。A4サイズもOK

メインポケット13インチのパソコン収納。中にはスタッフバッグも。

メインのポケットはシンプルに、スリットポケットが1箇所のみ。ここに13インチのパソコンが収納できます。ただし、ジャストサイズなのでケースとかに入れてると入らないかも。

スタッフバッグスタッフバッグは取り出し可能

ちなみにウォーカー25にはスタッフバッグが付属してくるんですが、これが以外と便利。スーパーで買ったもの入れたり、泊まりの時は下着を入れたりといろんな使い方ができそうです。

中ポケットには鍵やペンなどの小物類を。ポーチもOK

中ポケット中ポケットには、ペン差しが2箇所とスリットポケットが2箇所。筆者はパソコンで作業することがほとんどで、筆箱を持ち歩かないのでペン差しは重宝します。

あとは鍵を引っ掛けておけるのも嬉しいポイント。家に帰るときは、カバンを前に背負ってバッグから直接鍵を使うので、つけっぱなしにしてます。

中ポケットも結構容量があるので、ポーチや単行本などを収納しておくのにも使えそうです。

財布や定期、よく使うものはフロントポケットに

フロントポケット最後はフロントポケット。ここはシンプルなポケットなので、財布や定期、ティッシュなどのよく使うものを入れています。

中ポケットがあるおかげで、フロントポケットがゴチャゴチャしなくて助かってます。

サイドポケットにはペットボトルやタンブラーを。カメラの三脚もOK

サイドポケットそして、意外と便利なのがサイドポケット。500mlのペットボトルはもちろん、タンブラーや小物などを収納できます。

ちなみに、サイドポケット上のベルトを使えば、カメラの三脚やハイキング用のステッキも固定することもできますよ。

メッシュ素材で涼しい。あと軽く感じる

背中と肩ベルトはメッシュ素材肩ベルトと背中に当たる部分はメッシュ素材なので、汗がかきにくいのも嬉しポイントです。とはいえ、同じメッシュ素材の他のバッグとそんなに大差はないかと。

また、肩ベルトのクッション性がよくて、長時間背負っていても疲れません。

リュック自体も600gと、大きさの割には軽量。確かに持ってみるとめちゃ軽い…。

撥水加工だから雨の日やアウトドアシーンでも安心

撥水加工ポリエステル素材には、撥水加工が施されているので、雨の日でも安心。筆者も先日突然の雨に見舞われ、リュックもびしょ濡れになりましたが、中身は無傷でした。

しっかり水を弾いてくれるので、濡れても軽くふき取るだけでOKです。

コールマン ウォーカー25の悪いところ

反対に使ってみて、ここはちょっとなぁ…と思った点も。悪いとまではいきませんが、細かいポイントが使いやすさを左右することもあるので、チェックしておきましょう。

  • ちょっとゴチャゴチャしすぎ
  • つぶれやすいので荷物が少ない人はウォーカー15を
  • 完全防水ではないので要注意

ちょっとゴチャゴチャしすぎ。シンプルさ重視の方には△

上下ベルト下の固定ベルトは、リュック下に収納可能

内側の収納は良いものの、外側にはポケットが3箇所とサイドポケット、さらにハイキング用のステッキホルダーなど、ジッパーややベルトが混在しているので、見た目は結構ゴチャゴチャしています

肩ベルトにも、アウトドアリュックならではのベルトが上下に2箇所ついているので、使わないときはうまく収納する必要がありそうです。

使う分には、問題ないのですが、シンプルなデザインが良いという方には不向きかもしれませんね。

つぶれやすい。荷物が少ない人はウォーカー15も

ウォーカー25とウォーカー15左:ウォーカー25 右:ウォーカー15

柔らかい素材を使用しているので、リュック本体は結構ふにゃふにゃ。荷物を入れないとかなり薄っぺらくなります。普段の荷物が少ないという方は、一回り小さいウォーカー15も検討してみましょう。

ポケットの数が少ないものの、ウォーカー25と比べてシンプルなので、男性はもちろん、女性や子供にもおすすめですよ。家族やカップルでお揃いにしても可愛いですね。

ちなみに、ウォーカー15にはスタッフバッグはついてこないので注意が必要です。

完全防水ではないので要注意

本体には撥水加工が施されているものの、完全防水ではないので注意が必要です。軽い雨程度なら中身が濡れる心配はありませんが、アウトドアシーンでは、水に浸かったりすることの無いようにしましょう。

サイズ違いのウォーカー15や33もチェック!

コールマンのウォーカーには、今回紹介したウォーカー25も合わせて

  • ウォーカー15
  • ウォーカー25
  • ウォーカー33

の3つのサイズを展開しています。

数字はサイズを表しており、それぞれ15ℓ、25ℓ、33ℓの容量となっています。

普段使いにちょうど良いのはウォーカー25だと思うので、今使っているリュックのサイズと比較して、サイズを選んでみてくださいね。

Amazonで探す楽天で探す

スポンサーリンク

まとめ

今回はコールマン ウォーカーの魅力と実際に使ってみて感じた良いところ・悪いところをご紹介しました。

筆者がこのリュックを購入するのに、レビュー記事が少なくて困ったので、これから購入を考えているという方の参考になっていればとても嬉しいです。